【刺青のメリットとデメリット】日本でタトゥーを背負って生きる

刺青生活│タトゥーライフ
スポンサーリンク

こんにちは!全身タトゥーのYouTuberけんた店長です(*^^*)

今回は、日本で刺青を背負って生きる楽しさや、そのデメリットなどを少しだけ記事にしたいと思います。

ちょうど刺青を入れ始めて10年ほどになるので、これからタトゥーを入れたい方にとって色々と役に立つ情報を発信していけたらと思います(*^^*)

刺青入れて良かった?

まず結論から言うと、僕は刺青を入れて後悔した事は一度もありませんし、刺青を入れて本当に入れて良かったと思っています。

なぜ良かったと感じているのかと言いますと、刺青が本当に好きだからです(*^^*)

好きな物と毎日一緒に過ごせるって、物凄く幸せな事だと思いませんか?

刺青、タトゥーが本当に好きなら、入れても後悔する事なんてほとんどありませんし、心から良かったと言えるはずです(o^^o)

デメリットは?

デメリットはその人のライフスタイルによって、感じる人、まったく感じない人とで分かれるのですが、僕的にはフィットネスジムでタンクトップになれない事ですかね…(*・ω・)

ボディビルをやっているのでこれはだいぶ不便を感じます。現時点で日本にあるチェーン系のジムは、ほぼタトゥー露出NGなので、筋トレ好きは要注意です。

ただ良く言われている温泉やプールに入れない…というのは、あまりデメリットに感じた事はありません。

なぜなら、別にタトゥーを入れる前から温泉やプールにはさほど行くタイプではなかったので、そんなに不便を感じないのです。

しかも探せば入れる温泉やプールはどこにでもあるので、最悪どうしても入りたければ少し探せば事足りてしまうので、これはあまりデメリットには思わないですよ(*^^*)

ただ温泉フリークやプール大好きっこは間違いなく不便を感じると思うので要注意です。

日本で刺青を背負って生きる

さて、僕はここ数年オフィスワーカーとして生計を立てているのですが、良く言われているような『刺青入れたらろくな仕事に就けない』なんて事を感じた事は一度もございません。

誰でも知っているような大企業にも営業リーダーとして務めた事もありますし、政治家相手にプレゼンしたり、世界的IT企業とも付き合いがあったりと、それなりにサラリーマンライフを満喫してきました。

その時から身体の前も背中も刺青ガッツリでしたが、なんの障害にもなったことはありませんでした。

なので日本で刺青、タトゥーを背負って生きるというのも、普通に生きるのとあまり変わらないような気がします。

ただ偏見や差別だけは根強くあるのは確かなので、それと上手く付き合って行く必要はありますね(*・ω・)

入れたきゃ入れよう!

というわけで刺青のブログを立ち上げてみたのですが、記念すべき一回目の記事はいかがだったでしょうか(笑)

数年間の国内外のタトゥー取材の写真や動画がたっぷり貯まっているので、せっかくなのでそれも使ってタトゥー欲が刺激されるブログを作っていけたらと思います(*^^*)

ではではご閲覧ありがとうございました。けんた店長でしたm(__)m


タトゥー・ボディアートランキング

↑ブログランキング参加中です(#^^#)

コメント

タイトルとURLをコピーしました