刺青入れたらスポーツジムは使えるの?~日本と海外の比較~

刺青生活│タトゥーライフ
スポンサーリンク

こんにちは!タトゥー愛好家のけんた店長です(*^^*)

今回のタトゥーライフは、ナチュラルボディメイク歴約15年の僕から、刺青とスポーツジムのお話を少しさせて頂きたいと思います~!

日本のジム事情

私けんた店長、17歳から筋トレを始めてもうかれこれ15年ほどになりました。

長いトレーニング人生の中で感じる事は、日本のスポーツジムは、『年々タトゥーに対して厳しくなっている』と言う事です。

というのも、この記事執筆時点で日本に存在するスポーツジムは、メジャーな所はほぼ100%タトゥー禁止なんです。

露出が禁止で隠せばOKと言うジムも僅かに1~2チェーンのみで、あとのチェーンは隠そうが何しようがタトゥーが入っているってだけで入会すらできないのです。

個人経営のジムや、コア向けなどの一部のジムでタトゥーOKの所がありますが、ジム業界全体から見るとほんの数%です。

昔はまだ良かった

僕が筋トレを始めた15年ほど前は、市営のジムなどは刺青OKの所が多かった印象ですが、最近では昔はタトゥーOKだった所でも、タトゥーNGに変わってしまった場所がいくつもあります。

このように年々タトゥーに対するジムの対応は厳しくなっていってるのが現状です( ω-、)

海外のジム事情

海外のジムでタトゥー禁止の所なんて、僕は聞いた事がないです。

実際アメリカのゴールドジムでトレーニングした時は、僕もタンクトップでしたし、周りもみんなタトゥー全快でトレーニングを楽しんでいました。

日本のゴールドジムは基本的にはタトゥー禁止なので、同じチェーンでも日本と海外とじゃ違いがあるようです。

タンクトップ着たい…

やはりトレーニング中は自分の身体を見ながらやるのが一番効率的なので、欲を言えばタンクトップでトレーニングがしたいですね~( ´・ω⊂ヽ゛

けれど刺青に対する日本の見方が変わらない限り、それは叶わぬ夢なんでしょうね( ω-、)

レンタルジム

大手チェーンはほぼ全滅ですし、唯一タトゥーあっても入会できる24Hジムも露出は禁止なので、タンクトップや上裸でトレーニングしたい時は、レンタルジムを借りてやっています。

なのでどうしてもタトゥー露出しながらトレーニングしたい場合は、レンタルジムがおすすめですよ~!あとは鬼ジムとか(*^^*)

10年後はきっと変わってる

というわけで今回は少し刺青とスポーツジムについて記事を書いてみました。

まあきっと10年後はこの風当たりの強さも解消されていると信じて、僕らは頑張っていきましょ~!

ではではご閲覧ありがとうございました!けんた店長でしたm(__)m


タトゥー・ボディアートランキング

コメント

タイトルとURLをコピーしました